焚き火のまえで

焚き火のまえで【 別館 blog 】

焚き火のまえで、酒を飲みながら夜更けまでしゃべってる気分で綴るページ。アウトドア旅、手掘り温泉、ファーストエイド、医療系の話題など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

氣志團ファンとの遭遇

昨日、用事があって新横浜に行ってきました。
駅の構内を歩いているときから、なんか時代錯誤の格好をした人たちがいっぱいいるなぁと思ったら、どうやら横浜アリーナで『氣志團』のコンサートがあったみたいです。

異彩の放つ彼らのスタイル。
一言でいうと昔のツッパリスタイル。女生徒の制服は裾長で、男はリーゼント。
21世紀の今日この頃に、あんな古典的なスタイルを目の当たりにして最初は唖然、そして次に感激でした。

横浜アリーナの前の広場を通ると、いるわいるわ、あやしい連中がわんさかと。さっき駅前でも見かけたってことは連中、自宅からこの格好で電車に乗ってきたのかと思うと、勇気に拍手! です。

どうみても柄がいい感じではないので、小心者の私としては彼ら/彼女らの写真は撮れなかったのですが、アリーナ裏手に停まっていた氣志團のツアートラックはしっかり写真に収めてきました。

今回のツアー、「愛羅武勇」(I Love You)というらしいですね(^^ゞ

ファン層はというと、若い子ばっかと思いきや結構な年の人も多くてビックリ。でも、まあ30代までだと思いますが。中には子どもを連れて、子どもにもリーゼントのコスプレをさせてるヤンキーママもいたりして、なかなか興味深い光景でした。

氣志團ツアーバス2


氣志團ツアーバス

スポンサーサイト
  1. 2006/04/02(日) 14:19:04|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

イカ三昧

今日は近所のスーパーでイカが安かった。
刺身に里芋煮、塩辛、炒め物とイカ三昧の土曜日。
  1. 2004/02/21(土) 00:36:36|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

秋葉原へ

日曜日、久々に秋葉原に行ってきた。何年ぶりだろう? 工業高校に通っていた時分には、毎月のように通っていた街。昔の勘を頼りにブラブラと街を歩いてみると、コンピュータ関係の自作パーツを扱う店がいっぱいなのにビックリ。かつて全盛だったアマチュア無線関連のお店はめっきりと少なくなってしまっていた。

大好きだったパーツショップ「秋月電子」は昔と変わらず。
繁盛している様はまるで賑わう八百屋のよう。道路までいっぱいに電子パーツやら組み立てキットを並べて人だかりもスゴイ。
話題の白色発光ダイオードもだいぶ値下がりしていたので思わず買ってしまった。150円なり。単三型のニッケル水素電池は、なんと2300mAHの容量のものがお目見えしてた。僕が無線をやってたときは700mAHで十分"高容量"だったのに。
1本290円。たぶんヨドバシカメラなんかじゃまだ置いてないだろうし、あったとしても1本千円近くするんじゃないかな。単三電池を使う電子機器を使っている人には文句なしにお薦めの一品。
太陽電池の充電器が1000円程度で何種類か置いてあった。似たようなものをアウトドアメーカーのモンベルが出しているけど、6000円くらいだったかな。
秋葉原に来ると、他の市販品がぼったくり商売しているように思えてくるからおもしろい。

最近ハンダゴテなんかめっきり握ってないけど、「またなんか作ろう」、そんな気になった一日だった。
  1. 2004/02/15(日) 00:36:00|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

久々なのに意味のない書き込みかも

気分転換に近所の銭湯に行ってきた。
行くまえにビールとワインを飲んでいたせいか、
湯上がりの動悸が停まらない。

アルコールと風呂の組み合わせが心臓によくないのは
周知の事実ではあるけど、まだまだそんな歳じゃないよなと
思ってた。
そろそろ気をつけないといけないってことなのかなぁ。
  1. 2004/02/01(日) 00:31:37|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

真夜中の横浜ドライブ

成り行きでいきなり夜中にドライブ。
横浜のみなとみらい地区から山下町の方へフラフラと。

赤煉瓦倉庫、あいかわらずすごいカップルの吹き溜まり。
確かにぼんやりライトアップされた赤煉瓦倉庫と、海とベイブリッジ。
雰囲気はすっごくいい。

広々とした空間が確保されているのも気持ちいい。
ところどころ芝生があって、きれいな公衆トイレもある。
野外宴会の場所にもいいなぁなんて考えてしまうのが、情けない。

ちょっとまえまで、オノ・ヨーコのオブジェ(?)が設置されていたのに
いつのまにかなくなっていた。
旧ドイツ国鉄の貨車に銃弾を撃ち込んでボロボロにした作品で、中から流れる鳥の声と
不協和音のリズム、ライトアップがその存在感を強調していた。
赤煉瓦倉庫とベストマッチしてただけになくなって残念。もともとは2001年の
横浜トリエンナーレに合わせて出展されたものだったのだけど、いまはどこに展示されている
んだろう?(横浜に来るまえはドイツで展示されたらしい)

続いて行った大桟橋。
最近、工事が終わって大リニューアルした。

言葉だけで表現するのは難しいんだけど、新しくなった大桟橋、ぜひいちど行った方がいいと思う。
ただ桟橋じゃない。一種のアートと言っていいくらいのとんでもない構造物なのだ。
海に突きだした長い桟橋の上が木張りのデッキになっていて、意味があるようなないような不思議
な曲線で構成されている。夜中に歩いたら、足元をなんどもつまづいてしまった。
とっても遊びに満ちた空間で、ガウディの設計を思い出してしまった。
赤煉瓦倉庫とは打ってかわって、誰ひとりいなかった。対岸に見えるライトアップされた赤煉瓦
と観覧車の景色が見事で、これこそ最高のデートスポットって感じなんだけどなぁ。
できたばかりで意外と穴場なのかもしれない。
  1. 2002/12/14(土) 04:01:09|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。