焚き火のまえで

焚き火のまえで【 別館 blog 】

焚き火のまえで、酒を飲みながら夜更けまでしゃべってる気分で綴るページ。アウトドア旅、手掘り温泉、ファーストエイド、医療系の話題など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

稲村ヶ崎温泉

神奈川県鎌倉にある稲村ヶ崎温泉に行ってきました。
稲村ヶ崎といえば、サザンの曲にもよく出てくるバリバリ湘南! という場所。
そんなところに数年前に温泉ができたんです。
場所はいえば、まさに稲村ヶ崎の付け根。海沿いの国道134号線沿いというバリバリな場所にあります。

稲村ヶ崎温泉概観    稲村ヶ崎温泉内部


温泉とはいえ、横浜周辺に多い冷泉(つまり沸かし湯)なんですけど、泉質はなかなかのものでした。
透明度15cmくらいの黒いお湯で、入ったときの質感はかなりスベスベ。

納得できる温泉ぶり。

過去に3回ほど行っていますが、いずれも週末でしたがいつもガラガラ。
もともと大きな施設ではないので、大勢が大挙して押し寄せたらかなり劣悪な入浴環境になるのは想像に難くないのですが、なぜかいつも空いているんですよね。
湘南の中心地という場所柄だけに混雑しそうな気がするんですが、、、、。

まあ、派手な宣伝もしてないし、ちょっと奥まった感じがいいのかな。
あと値段がちょっと高めで、子ども連れは入場禁止というのも関係しているのかな。

温泉好きにも、決して悪くない温泉ですよ。鎌倉の温泉、話の種に行ってみてはいかが?
スポンサーサイト
  1. 2006/04/09(日) 20:54:37|
  2. 野湯・温泉巡りの旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

尻焼温泉

野湯の中ではかなりメジャーなスポットである群馬の尻焼温泉へ。
広い川がすべて温泉という魅惑のスポットなんだけど...

残念、川の水量が多くて、ほとんど水風呂状態。
湯が湧きだしている部分にじっとしていればどうにかなるんだけど。
脇に掘っ建て小屋みたいな感じで露天風呂が作られている。
こちらのほうは適温。ここで体を温めて、川へ突入なんてことの繰り返し。
地元の人によると、日によって温度は違って、いいときには川全体が適温になる
ということなんだけどねぇ。

車を降りて徒歩5分という場所のわりには、意外と人も少なくて場所としては
悪くないと思う。

ただどうしても家族連れとかが多くて、水遊び的な感は拭えないけどさ。
  1. 2003/05/10(土) 00:40:05|
  2. 野湯・温泉巡りの旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。