焚き火のまえで

焚き火のまえで【 別館 blog 】

焚き火のまえで、酒を飲みながら夜更けまでしゃべってる気分で綴るページ。アウトドア旅、手掘り温泉、ファーストエイド、医療系の話題など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

鷹取山+風変わりなラーメン屋

午後からぶらぶらっと、車で湘南鷹取山へ。
てっぺんのクライミングのフィールドでは、たくさんのグループが
岩にとりついていた。

ハイキング客もいっぱいで、あちこちで弁当を拡げたシートがいっぱい。

帰りに横浜の環状2号線沿いのラーメン屋密集地帯に寄ってきた。
まずは横浜の家系ラーメン総本山、吉村家の認定という環二家へ。
まあ、どうってことないふつうの家系ラーメン。
続いて、道路向かいにある吉吉という、木造の民族家屋風のお店へ。
入ってみると、どうみてもラーメン屋のつくりじゃない!
ガンガンに洋楽ポップが流れる店内は、カウンターバーのよう。
厨房の雰囲気はフレンチレストランみたいだし、どうみても異色のラーメン屋。
おしゃれでなかなかいい感じ。

肝心のラーメンは、あっさり味とこってり味があって、あっさりを選んだ。
カツオ節ダシの醤油ラーメン。とんこつの環二家のあとだったから、
なかなか良かった。

でもそれだけで頼んだら、あっさりしすぎというか、だしが効きすぎているせいで
うどんの汁にもちかいかも...

好き嫌いはあるにせよ、お店の雰囲気だけでも、一見の価値はあるかなというラーメン屋だった。
スポンサーサイト
  1. 2003/04/13(日) 00:42:44|
  2. 小旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

湘南鷹取山でピクニック

本当は昨日、今日で、ニュージーランドで知り合った友達と西丹沢の無人小屋宴会をやる予定だったんだけど、西表で足首を痛めてしまったため、これは延期。かといって町中の喫茶店でその人と会うのもなんなんで、急遽、横須賀の方にある湘南鷹取山へ軽い(ホントに軽い)デイウォーク&ミニバーベキュー。

お互いジーンズ姿で、京浜急行神武寺駅からゆっくりと鷹取山へ登っていく。途中、地元の幼稚園の散歩にハチ合わす。ほんとそんな程度の軽いハイキングコースなんです。
その気になったら30分程度で登れてしまうところを、寄り道しながらゆっくり登っていってもやっぱり1時間であっけなく山頂へ。

鷹取山山頂は昔の石切場の跡で、いまはロッククライミングのゲレンデとして有名。切り立った岩壁があちこちにそそりたち、ボコボコとピトンを打った穴があいている。景観としてはかなり圧巻。月曜なので、クライマーも今日は数組しか見あたらない。

そんな山頂の公園で、ストーブを取り出して、ミニ焼き網で焼き肉。肉はもちろん、こりこりとしたエリンギが美味しい。風がちょっと強かったけど、日射しが温かく、まったり気分。ホントはワインでも持っていこうと思ったけど、相方がアルコールダメな人なので、ビールとコーラを、それぞれ一本ずつ。この時期だから、簡易クーラーでも充分すぎるくらいに冷えていてGood.

岩壁にとりつく人を応援しながらの、のどかな昼下がり。
  1. 2003/03/24(月) 00:45:52|
  2. 小旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

日焼け まだら顔

先日まで行っていた西表島。中盤はカンカン照りの天気で、真夏の雰囲気だったけど、
到着時と帰るまえの数日間は雨で、かなり寒かった。
最後に全身をキレイに焼いて帰ってこようかと思ったのに、計画失敗。
結局ドカタ焼けになってしまった。

ボロボロに皮が剥けていた腕も、だいぶキレイに落ち着いてきた。
さて、鬚を落とすタイミング、どうしよう?
かなりくっきり日焼けしているから、鬚を剃ったらまだらの顔になっちゃうんだろうなぁ。
  1. 2003/03/22(土) 00:47:40|
  2. 小旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

伊豆へ小旅行

日月で伊豆方面へちょこっとお出かけ。
これまで、高速道路は極力使わない派だったけど、初めて西湘バイパスを使ってみた。小田原へ向かう下りの道は最高に気持ちいい。ずーっと左手に海を見ながらの快適なドライブ。この日は風が特別強かったらしく、波しぶきでフロントガラスが汚れまくり。サビがコワイ。

何気なく行ってみた伊東の城ヶ崎。なんでも国立公園に指定されているらしく、荒々しい磯と火山岩の景色に波しぶきが東宝映画並にぶちあたる豪快な景観。そんな波間の上を歩ける高い高い吊り橋があって、そのたもとには、命の電話の看板が立っていた...

帰りは修善寺経由。でもいつしか大雨で大変なことに。
かろうじて修善寺温泉について日帰り温泉を探して目に留まったのが、独鈷の湯(とっこのゆ)。ウワサには聞いていたけど、このロケーションには驚いた。修善寺の一番栄えている場所のど真ん中。橋の上からも道路からもまるみえの河原にポツリと湧き出す白い湯気。こんな観光客いっぱいのところで、服を脱いで入るのはかなり勇気がいる。残念ながら今現在、整備工事中で立ち入り禁止になってたけど、いつか夜中にでもチャレンジしてみたい無料露天風呂だ。

しかたなく、温泉旅館の日帰り入浴を利用した。修善寺温泉はぼくの大好きなアルカリ泉と聞いていたので期待していたのだけど、いまいちヌメヌメ感の薄い単純泉に近い泉質で残念。もっともそのホテルのお湯はどう見ても循環式。ちょっとうさんくさいなぁという感じもあったけど。

帰りは三島経由の 246号線。東名沼津インターの少し手前でたまたま入った和歌山ラーメンのお店、意外に美味しくラッキー♪ とんこつベースのカツオだししょうゆ味。+ 100円で、麺2タマ580円。チェーン店風だったけど、うちの近所にもないかなぁと思ってしまうほどのいい味だった。
  1. 2003/03/03(月) 00:48:18|
  2. 小旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

またもやラーメンを逃す!

横浜都筑区にある有名なラーメン屋、くじら軒に行ってみた。
2時半頃についた。並んでいる人が意外とすくなくてラッキー♪なんて思ったら、なんと「スープ切れにつき、いま並んでいる人だけ」との無情な看板と+閉ざされたゲート(?)。店員はいなかったから割り込んでやろうかとも思ったけど、どうせ人数数えてるんだろうなと思って、すごすごと退散。

夕方6時から再開というので、近くのスーパー銭湯に行って時間をつぶす。
6時半くらいに再び行くと、今度はすごい行列。道路脇にずらっと路駐の車が並んでる。
とりあえず並んではみたものの、数えてみると64人並んでいた。

店内の座席数は24と聞いている。だとすると約3巡。一人あたり注文から食べるまで20分として、約1時間。
寒空の下、風呂上がりの身にはつらい....

またしても、あっさり諦めることにした。
ここのところラーメンにはついていない。
県央の渋沢にある「なんつっ亭」に行ったときも、寒さに負けてあえなく退散。
ラーメン屋を甘く見ている自分が行けないのだろうか。
時間をちゃんと計算して、防寒対策して、折り畳み椅子を持っていく、なーんて
努力が必要なのかも。

うーん、次回こそは...

そんなツイていない、1月12日、ぼくの誕生日だった。村上春樹とおんなじ日。
  1. 2003/01/12(日) 00:51:20|
  2. 小旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。