焚き火のまえで

焚き火のまえで【 別館 blog 】

焚き火のまえで、酒を飲みながら夜更けまでしゃべってる気分で綴るページ。アウトドア旅、手掘り温泉、ファーストエイド、医療系の話題など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

普通のクリスマス

12/24とか25をふつうに過ごしたのって、4、5年ぶりかもしれない。
去年も一昨年もお経を聞いて過ごすクリスマスだった。葬儀の仕事をしていると、世間の祝祭日なんて関係ない。クリスマスだって、どこかで人は必ず亡くなるし、葬儀もふつうに行なわれている。

例年はお通夜で過ごすクリスマス、今年はなんにもなくふつーに過ごした。
夕方、某大手スーパーに行くとクリスマスセールで大盛況だった。いつも以上に惣菜メニューが多くて、まだ6時だというのに100円引きの札がついている。チキンやシャケ、ウィンナー、試供品も盛りだくさん。クリスマスにはまったく興味がないけど、なんだかお祭り気分でうれしくなってしまった。

楽しいハッピーな気分はとってもよく分かった。でも、ホントそれだけでいいのかなぁとはいつも思う。本来は荘厳な宗教儀式なのに、こんなに商業主義で飾り立ててしまって、純粋に信仰を持っている人はどう感じているのだろう? キリスト教に対する冒涜って気がしてしまう。

まあ、もっともクリスマスとキリストの生誕がまったく関係ないのは、歴史的な事実だけどね。

いざ時間があって、絵に描いたようなクリスマスの夜を過ごそうにも、どうもなじみがなくてしっくりこない。安かったから鳥はいっぱい食べたけど、ただそれだけ。
やっぱりクリスマスはふつうの日なのである。ひとりでいても、ふたりでいても。
スポンサーサイト
  1. 2002/12/25(水) 04:22:58|
  2. 日々の雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<救急車に乗るときは,,, | ホーム | 東大医学部標本室>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://treknz.blog58.fc2.com/tb.php/15-d6a1833a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。