焚き火のまえで

焚き火のまえで【 別館 blog 】

焚き火のまえで、酒を飲みながら夜更けまでしゃべってる気分で綴るページ。アウトドア旅、手掘り温泉、ファーストエイド、医療系の話題など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アメリカ...控えめに言ってあまり好きじゃないです

今日の朝日新聞の天声人語はアイロニックでなかなか良かった。アメリカの「世間知らず」が目立つという内容。「国際政治や国際経済への関心が薄い」らしい。なのにあの世界に出しゃばった態度。自国にしか目を向けてない「愛国心」の産物という気がしてしまう。京都議定書もそうだしね。昔やってた「インディペンデント・デイ」という映画。あれは胸くそ悪くなる内容だった。なんかのパロディというならわかるけど、真面目にあんなモノを作った人がいて、それを見て感動してしまう人がいたと考えたら恐ろしい。ハリウッド映画だったからたぶん世界中に配信されたんだろうけど、世界にケンカを売っているとしか思えないあの内容。恥ずかしくないのかねぇ。アメリカ国民の狂気具合ってどこかの国と大差ない、というか返って偽善という意味でタチが悪い気がする。


■《天声人語》11月22日
世界地図を示して日本の位置を答えさせる。米国の若者は42%しか正解できなかった。米ナショナル・ジオグラフィック協会の調査結果である。世界9カ国の18~24歳を対象にした調査で、米国の「世界知らず」が顕著だった。

日本の位置についてはもちろん日本の正答率が一番だったが、イタリアの81%など欧州も高かった。イタリアの位置については56%、スウェーデンについては16%、イスラエルについては21%と米国の正答率の低さが目立つ。

少々驚かされるのは、太平洋の位置を知らない若者がけっこういることだ。あの大海に面していても、米国では29%が正しい位置を示せない。日本は16%、カナダは17%、メキシコは26%の誤答率だった。

自国が軍事攻撃をしたアフガニスタン、あるいはカシミール紛争の当事国、あるいは通貨のユーロについての質問などでも米国は最下位か下から2番目で、国際政治や国際経済への関心の薄さを示した。

日本は全体的に中程度で、スウェーデンが正答率で首位だった。若者を対象にした調査とはいえ、ある程度各国の現状を反映しているだろう。米国の調査責任者は結果について「文化の危機」と語っているが、それだけではない。最も影響力の大きい国が世界についての知識に極めて乏しいとしたら、それこそ「危機」であろう。

ブッシュ米大統領が双眼鏡をのぞいている写真がインターネットで出回っている。その双眼鏡はふたをしたままだ。からかいの種にされているが、実際、大統領に世界が見えているのかどうか心配になる。
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

  1. 2002/11/22(金) 03:48:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<医師の基礎教育に看護実習を | ホーム | 渋沢のすごいラーメン屋>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://treknz.blog58.fc2.com/tb.php/3-3ab3df3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。