焚き火のまえで

焚き火のまえで【 別館 blog 】

焚き火のまえで、酒を飲みながら夜更けまでしゃべってる気分で綴るページ。アウトドア旅、手掘り温泉、ファーストエイド、医療系の話題など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

岡本太郎ミュージアム

川崎市の向ヶ丘遊園駅ちかくにある川崎市立日本民家園へ。ここは日本中から古民家を集めては移築して展示している珍しい屋外博物館。20棟くらいあるのかな。茅葺き屋根の建物が並ぶ様は圧巻。合掌造りはもちろん、かつての宿場だとか、水車小屋とか、沖縄の高床式倉庫、歌舞伎小屋などなど。

いろりにホントに火が入ってて雰囲気たっぷり。かやぶき屋根の虫除けの意味で火を焚くのがどうしても必要なんだそうな。日曜日だったから民芸品の即売だとかお囃子なんかの演技があって、いい感じ。外国人なんかすっごく喜ぶんだろうな。西洋人と日本人女性のカップルが芝生の上でワインを開けてピクニック。なんだかおしゃれでかっこよかった。森(一部は丘)のなかにバランスよく配置されていて、公園散歩の延長みたいな感じでいくのにいいところだと思う。ちょっとかわったおしゃれなデートコースにどうでしょう?(笑)

民家園と同じく生田緑地内にある岡本太郎美術館にも行ってみた。チケットを買って中に入るといきなり圧倒されてしまう。真っ赤な壁と不思議な局面で構成された廊下。クラクラしてしまう。岡本太郎の作品って初めてマジマジと見たけど、けっこう好きかも。なんでも岡本太郎はフランス留学して民俗学を学んでいたそうな。「美の呪力 ニューギニアの姿・かたち」という特別展がやっていた。確かに彼の作品は民芸品チックな日本とも西洋ともつかない造形が多い。soulfulともいうべき根底にあるのは、そういうところなんだろうな。

それにしても生田緑地はおもしろい。他にもプラネタリウムとか科学技術館とかたくさんの博物館があって、全体が公園になっている。森林の多いところでのんびり1日を過ごすのに良さそうな場所。またいってみたいと思う。

◆日本民家園 http://www.city.kawasaki.jp/88/88minka/home/minka.htm
◆岡本太郎美術館 http://www.city.kawasaki.jp/mus/TARO/index.htm
スポンサーサイト
  1. 2002/11/10(日) 03:53:04|
  2. 日々の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<渋沢のすごいラーメン屋 | ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://treknz.blog58.fc2.com/tb.php/5-bba81a89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。